司法書士は、裁判・成年後見・登記を業務とする法律専門職であり、国家資格者です。

面接は心構えが大切です

司法書士試験における口述試験の面接とは

司法書士は、裁判・成年後見・登記を業務とする法律専門職であり、国家資格者です。司法書士就職・転職する為には、司法書士試験という国家試験に合格する必要があります。この試験は、数ある国家試験の中でも超難関試験に位置づけられており、合格まで平均4〜5年の期間を要すると言われています。この試験は、7月に行われる筆記試験と、筆記試験の合格者を対象として10月に行われる口述試験により構成されます。口述試験に合格することで最終合格となります。口述試験は、試験管による面接形式により行われます。もっとも、司法書士試験は筆記試験がメインであり、筆記試験に合格すれば、ほぼ口述試験にも合格します。

もっとも、口述試験における面接時にも気を付けなければならない点があります。それは、身だしなみです。ビジネススーツで臨むことが必要です。また、派手な髪型、ヘアカラー、化粧、香水、ネイル等にも十分に気をつけるようにしましょう。あとは、社会人として通常必要となる常識てきな受け答えが出来ていれば、合格します。くれぐれも、試験管と議論したりするのは控えるようにしましょう。口述試験は落とす試験ではないため、以上の点さえ注意しておけば、特に問題ないと言えるでしょう。

Copyright (C)2017面接は心構えが大切です.All rights reserved.