採用担当者が威圧的な態度や言葉で、応募者にわざとプレッシャーをかけてくるのが圧迫面接です。

面接は心構えが大切です

圧迫面接と言うものがある

採用担当者が威圧的な態度や言葉で、応募者にわざとプレッシャーをかけてくるのが圧迫面接です。なぜこんなことをするかと言うと、プレッシャーをかけられたときにその反応から、不測の事態やトラブルの対応能力を見るためと言われています。具体的に圧迫面接がどう言うものかと言うと、無反応や無関心を装う、応募者の回答に怒ったり不採用をほのめかしたりします。こう言うことをされると、焦ったりうろたえたりしてしまうでしょうが、とにかく落ち着いて対処することです。嫌われているわけではないので心配はいりません。

もし、こちらが答えているのに反応をされなかったら、採用担当者に合わせて無言になってはいけません。何か問題がありましたでしょうかなどと言って、積極的にアプローチしていきましょう。また、きちんと回答しているのに怒り出してきたら、うろたえるのはもちろんのこと、採用担当者の理不尽さを指摘するのもいけません。これが圧迫面接かと言う位の気持ちでいることです。まず、申し訳ありませんと謝り、どこがいけなかったのか教えてくれるように頼むのが基本になります。採用担当者に話をさせて、コミュニケーションを復活させるようにしましょう。

Copyright (C)2017面接は心構えが大切です.All rights reserved.